不倫騒動から復帰する矢口真里を応援する声

不倫騒動から復帰する矢口真里を応援する業界からの声

 

昨年5月の不倫騒動から、1年半が経過しミヤネ屋の生放送にて、復帰を果たした矢口真里。

 

前回の記事では、矢口の復帰を暗に否定する芸能人のコメントを取り上げましたが、それと同じくらい、矢口の復帰を応援する声も方々より寄せられています。

 

 

まずは、矢口の復帰に対して寄せられている、芸能人からのコメントをご紹介していきます。

 

岡村隆史

「鉢合わせどうこう、あんなこと別に言わなくていいです。ほんとに元気そうでよかったなあ、と思います」

 

小倉智昭

「別に犯罪になっているわけではないよね。こんなことで仕事辞めるなんておかしいじゃないですか」

 

テリー伊藤

「中村(昌也)さんが(梅田賢三さんとの鉢合わせ)を誰かにしゃべらなければ、こんなことにならなかった」
(中村昌也を批判する事により、暗に矢口を応援しているとも取れるコメント)

 

辻希美

「涙もろい矢口さんが涙を必死にこらえて前を向いてしっかりとコメントしてる姿が印象的で、さすがだなっと思いました」
「本当ーに、一緒にお仕事をさせていただいてて私にとって矢口真里と言う人は1っっっ番尊敬する存在です」

 

岡本夏生

『ミヤネ屋』相当ギャラ払ったね。別に悪いことしてないんだから堂々としていけばいいのよ

 

やくみつる

寝起きドッキリをおススメします。
ひょっとして男と寝てるかも…と視聴者に思わせるようなスリリングなバラエティーに出るなど強烈な汚れ役をやらないと、世間も受け入れてくれないのでは

 

ヒロミ

そういうキャラが付いちゃったからね。バラエティ番組に出るならいじり倒されるわけだから、先ずは(明石家)さんまさんとかにいじられて取扱説明書を作ってもらい、ダウンタウンにけちょんけちょんにされて。

 

 

といった感じのコメントが寄せられています。

 

見た感じ、バラエティでの共演が多い芸人さんの場合は、今回の件が良い、悪いといった話では無く、今後矢口真里とどの様な立ち位置で絡めば良いのか、をハッキリして欲しいといった要望が伺えます。

 

対し、意外(失礼w)だったのが、社会派コメンテーターに位置する、小倉さんややくみつるさん、テリー伊藤さんのコメントですね。

 

特に、小倉さんの意見は実に的を得ているようにも思いますし、これこそが正論なんじゃ無いかと私も深く頷いてしまいました。

 

 

矢口真里さんの復帰については、今後も意見が分かれる事でしょうし、ご本人も芸風というか、今後の立ち位置について悩みも多いかと思います。

 

ただ、私は不倫SNSの利用を紹介している立場であるからこそ、矢口さんの不倫騒動は現代日本にとって、決して他人事では無い、自分の周りにも起きえる話である事(さすがに、連れ込んだ男性をクローゼットには収納しないでしょうが)。

 

不倫そのものを推奨する訳では無いものの、そうせざるを得ない女性が数多くいる事、女性を不倫に走らせている原因が男性側にある事を理解し、ある意味これもまた自然な恋愛行為である事を伝えていきたい、と考えます。

 

 

矢口真里さんは、不倫願望を持つ現代女性にとってのシンボル的存在であるからこそ、今後も本サイトでは、矢口さんの復帰を暖かく見守っていきたいと思います。

不倫騒動から復帰する矢口真里へ寄せられた応援の声は(コピー)関連ページ

矢口真里から見る、現代カップルの不倫
世界で1900万人を突破した不倫SNS、アシュリー・マディソンの日本上陸を皮切りに、何かと話題が集まってる不倫SNS。芸能人の不倫から見る現代の不倫文化とは・・・?
広末涼子的な奔放な恋愛ってアリ?
世界で1900万人を突破した不倫SNS、アシュリー・マディソンの日本上陸を皮切りに、何かと話題が集まってる不倫SNS。芸能人の不倫から見る現代の不倫文化とは・・・?
テレ東 大江麻理子アナから見る、成功者の略奪婚
世界で1900万人を突破した不倫SNS、アシュリー・マディソンの日本上陸を皮切りに、何かと話題が集まってる不倫SNS。芸能人の不倫から見る現代の不倫文化とは・・・?
不倫騒動から1年半、矢口真里 ミヤネ屋でのTV復帰に世論は
2013年5月に不倫が発覚し、芸能活動を休止していた矢口真里が、ミヤネ屋にて1年半ぶりにTV復帰。それに対する世論の声はいかに・・・?
不倫相手とのLINE流出を防ぐには?
久々に芸能界を震撼させた、ベッキーの不倫騒動。この原因となった、不倫相手とのLIENメッセージの流出を防ぐための方法を解説します。

失敗しない不倫SNSを選ぶなら・・・

料金やサクラの多さなど、まだ安心して利用できないアシュリー・マディソン。
ですが、お勧めできる不倫SNSはアシュリー・マディソンだけじゃありません。

目的に合わせ、失敗しない不倫SNSを選ぶのなら・・・


▼ 好みに合った不倫SNSを今すぐチェック ▼